床版・橋脚・トンネルの長寿命化なら、PCM(マグネライン)工法 PCM(マグネライン)工法は強く、薄く、早い 様々な試験を実施し、PCM(マグネライン)工法の補強効果は確認されています

一般社団法人PCM工法協会は、土木構造物の補修補強工法の研究・研修・普及活動を通じ、PCM(マグネライン)の普及・発展を図るため、平成21年に設立されました。会員の皆様への情報発信、設計・施工マニュアルの発行、講習会や研修会の実施などを通じ,PCMを使用したコンクリート構造物の補修補強技術を確立・普及させることにより、我が国の産業・社会の発展に寄与することを目指しています。

「ノズルマンへの挑戦」動画を会員様限定で配信開始

ノズルマンへの挑戦 ダイジェスト版

マグネライン吹付け工法、ノズルマンへの挑戦を紹介する4本の動画のうち「ダイジェスト版」を一般公開しました。このたび、完全版の3本の動画「準備編(10分)」「品質管理試験編(11分)」「ノズルマン 研修に臨んで編(10分)」の配信を当協会会員様限定で開始しました。

協会会員限定動画はこちら 協会入会案内はこちら

PP工法(PCM薄巻き立て)施工手順アニメーション

NEWS

工法紹介

  • PSR工法
  • PP工法
  • PT工法

PAGE TOP